EFR型エクセラーフィルター|製品紹介

HOME > 製品紹介 > EFR型エクセラーフィルター(巻戻しタイプ)

ペーパー送行式全自動加圧脱水ろ過機(巻戻しタイプ)

従来のエクセラーフィルターと同様、加圧ろ過→通気脱水→ケーキの排出を行ったのち、巻戻しモーターによって ペーパーを巻戻す事により、自動的にペーパーの繰り返し利用を可能としたろ過機です。

装置の特長

装置の特長
  • フィルターペーパーの交換頻度が少なくなり、作業者の負担が軽減されます。
  • フィルターペーパーを無駄なく有効に利用するため、ランニングコストが削減され、さらに産業廃棄物が減少し環境改善につながります。
  • 少量づつ新しいフィルターペーパーを送って使用するため装置の汚れが少なくなります。
装置の特徴

動作

  1. 1.自動運転スタート
  2. 2.ろ過工程
  3. 3.脱液工程
  4. 4.ケーキ排出
  5. 5.ペーパー巻戻し
自動運転スタート1.自動運転スタート
自動運転ボタンをONするとエアーシリンダーにより下蓋が上昇し、過室を形成します。この時、上蓋に取り付けられている特殊成形パッキングによって上下の蓋はしっかりとシールされます。
完全にシールされた事が確認された後、次のろ過工程へ移ります。
ろ過工程2.ろ過工程
送液自動弁が開き、同時にろ過ポンプが始動します。
ろ過ポンプから送られて来た原液はろ過室内に入り、フィルターペーパーによってろ過されます。ろ過を続けて行くとペーパー上に捕捉された固形分が積層し、流量の低下とともにろ過室内の圧力が上昇して来ます。
そしてろ過タイマーのタイムアップ又は圧力上限検知のいづれかによりろ過工程は終了します。
脱液工程3.脱液工程
ろ過ポンプが停止し、送液自動弁が閉じるとともに脱液自動弁が開きます。
圧縮エアーがろ過室内に入り、この圧力で残液を押し出します。
脱液タイマーのタイムアップ及び圧力の下限検知によってろ過室内の残液がなくなった事を確認し、脱液自動弁が閉じ脱液工程完了となります。
その後エアーシリンダーによって下蓋が下降し、ろ過室が開きます。
ケーキ排出4.ケーキ排出
ろ過室の開放が確認されるとペーパー送りモーターが作動し、使用された分のペーパーが送り出され、巻き取られます。ペーパー上の脱液ケーキは、ペーパーの反転とスクレーパーにより剥離され、ケーキ箱に回収されます。
ペーパー巻戻5.ペーパー巻戻し
脱水ケーキの排出が完了すると、ペーパー巻戻しモーターが作動し、ケーキ排出のため送られたペーパーを自動的にろ過室側に巻き戻します。
これにより、自動的にペーパーの繰り返し利用を可能とするとともに、ペーパー交換の頻度を減らすことが出来ます。
ペーパー巻戻しが完了すると、装置は再び最初の工程へ戻り、一連の動作を自動的に繰り返します。

用途

  • 化学工業…各種プロセス液の清澄ろ過及びケーキの回収
  • 機械工業…各種クーラント液
  • 塗装工業…塗装前処理プロセスの化成被膜処理液スラッジ除去、塗装ブース液
  • 排水処理…全量ろ過、濃縮液のろ過
  • 食品・薬品工業…各種エキス液、植物油抽出液、活性炭含有液

主要目

主要目
型式
(□部は材質記号)
ろ過面積(m2) 出入口口径 A(㎜) B(㎜) H(㎜)
EFR-10 □ 0.1 25A 1200 1100 1700
EFR-20 □ 0.2 40A 1260 1240 1850
EFR-40 □ 0.4 40A 1480 1340 2150
2EFR-40 □ 0.8 50A 1480 2400 2150

1) ろ過能力は液仕様により異なりますので提示していません。
2) 圧縮空気は0.45MPa以上、0.2~0.4Nm3/min(ANR)が必要です。
3) 最高使用圧力は0.2MPaです。

材質記号 (□部) L F S
ろ過室 SS400+
硬質ゴムライニング
SS400 SUS304
その他(配管等) SUS304 SS400 SUS304

ケーキ排出動画